FC2ブログ

クワガタの話がしたいです!

3本目交換結果

おはようございます。
遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。
Johnny the 30です。

本日は、11月下旬から12月中旬までにおこなった3本目の交換結果をご報告させていただきます。
画像は、各ライン最大個体(39g以上が複数いる場合は頭数分)を乗せさせていただきます。
最大個体が37gの届かなかったラインは基本撮影しておりませんので、文章だけの報告とさせていただきます。
秤に乗せてからした糞は取り除いて再撮影することはしていない為、それ込みの数値となります。汚い画像もありますがご了承ください。


19年1番(黒王氏17K6×マツノ17-19)
♂12頭 Max.41.3g Avg.36.8g 
20191230_1627_31961_convert_20200127224737.jpg
20191230_1628_27691_convert_20200127224857.jpg
他、38g台1頭、37g台3頭、36g台2頭 ♀も20g台2頭出ております。体重は乗ってくれましたが、長すぎる幼虫が多い印象。

19年2番(黒王氏17K6×マツノ17-33)
♂12頭 Max.39.5g Avg.33.0g
20191230_1626_45265_convert_20200127162358.jpg
他、38g台1頭、37g台1頭、36g台1頭 画像の個体は、2本目交換時は1番好きな体型をしていた個体でした。

19年3番(黒王氏17K6×マツノ17-7)
♂12頭 Max.38.9g Avg.35.2g
20200103_0220_34683_convert_20200127224918.jpg
他38g台1頭、36g台2頭。

19年4番(黒王氏17K6×マツノ17-3)
♂14頭 Max.41.2g Avg.35.7g
20191230_1627_11142_convert_20200127224716.jpg
20191230_1628_12006_convert_20200127224839.jpg
他、38g台2頭、37g台2頭、36g台1頭。体重は乗ってくれましたが、ちょっと太すぎな印象の個体が多かったです。

19年5番(黒王氏17K6×黒王氏17K4)
♂10頭 Max.39.6g Avg.35.0g
20191230_1626_58914_convert_20200127162414.jpg
他、37g台1頭、36g台1頭。

19年6番(黒王氏17K6×チョネ氏17-10)
♂5頭 Max.39.3g Avg.36.1g
20191230_1627_59910_convert_20200127224814.jpg
他、37g台1頭、36g台1頭。

19年7番(黒王氏17K4×マツノ17-19)
♂9頭 Max.38.6g Avg.33.3g
20200103_0220_49866_convert_20200127224937.jpg
他、37g台1頭、36g台1頭。

19年8番(黒王氏17K4×マツノ17-32)
♂12頭 Max.36.1g Avg.30.9g

19年9番(黒王氏17K4×黒王氏17K10)
♂7頭 Max.37.3g Avg.29.5g
20200103_0221_00620_convert_20200127224956.jpg

19年11番(黒王氏17K9×マツノ17-63)
♂11頭 Max.37.6g Avg.33.2g
20200103_0221_14275_convert_20200127225012.jpg
他、37g台1頭、36g台1頭。

19年12番(黒王氏17K9×マツノ17-7)
♂5頭 Max.37.3g Avg.34.5g
20200103_0221_30357_convert_20200127225030.jpg
他、36g1頭。

19年13番(黒王氏17K9×マツノ17-59)
♂15頭 Max.39.2g Avg.33.2g
20191230_1626_31209_convert_20200127162337.jpg
他、38g台1頭、37g台2頭、36g台1頭。

19年14番(黒王氏17K9×黒王氏17K19)
♂11頭 Max.36.0g Avg.33.7g

19年15番(黒王氏17K9×JUU氏17-11)
♂5頭 Max.40.6g Avg.30.7g
20191230_1626_17146_convert_20200127162315.jpg

19年16番(黒王氏17K9×BEKUWA3大)
♂3頭 Max.38.2g Avg.33.7g
20200103_0221_45597_convert_20200127225046.jpg

19年19番(虫蔵氏17-16×マツノ17-59)
♂8頭 Max.37.7g Avg.30.5g
20200103_0221_57540_convert_20200127225103.jpg

19年20番(虫蔵氏17-16×マツノ17-7)
♂10頭 Max.37.4g Avg.33.4g
20200103_0222_09234_convert_20200127225120.jpg
他、37g台1頭、36g台2頭。

19年21番(虫蔵氏17-16×チョネ氏17-18)
♂7頭 Max.36.6g Avg.30.5g

19年22番(虫蔵氏17-16×JUU氏17-13)
♂8頭 Max.35.5g Avg.32.9g

19年23番(虫蔵氏17-16×クマモン氏17-6)
♂6頭 Max.35.1g Avg.28.8g

19年25番(まめたん氏17K×18-17早期)
♂10頭 Max.40.1g Avg.36.3g
20191230_1627_47360_convert_20200127224755.jpg
他、38g台1頭、37g台1頭、36g台1頭。

19年31番(17-8×17-2)
♂8頭 Max.30.8g Avg.26.5g

19年32番(17-8×17-1)
♂6頭 Max.35.2g Avg.30.9g

19年34番(17-8×sendo氏17-16)
♂5頭 Max.32.9g Avg.28.8g

19年35番(17-8×18-26早期)
♂8頭 Max.36.1g Avg.30.9g

19年36番(17-8×17-1)
♂11頭 Max.34.5g Avg.27.6g

19年37番(17-8×skip氏17-15)
♂10頭 Max.37.5g Avg.32.0g
20200103_0222_21839_convert_20200127225212.jpg

19年38番(17-8×18-17早期)KLBライン
♂11頭 Max.34.8g Avg.27.4g
20200103_0222_53454_convert_20200127225241.jpg
20200103_0223_40571_convert_20200127225310.jpg
KLB参加ライン、上位2頭…。

19年39番(17-8×17-2)
♂7頭 Max.31.2g Avg.26.9g

19年40番(17-8×BEKUWA3大)
♂2頭 Max.34.0g Avg.26.1g

19年41番(17-2×17-8)
♂5頭 Max.36.5g Avg.30.0g

19年45番(17-1×17-8)
♂7頭 Max.35.5g Avg.30.0g

19年46番(17-1×yymaverick氏17-3)
♂5頭 Max.36.8g Avg.31.2g
20200103_0222_33563_convert_20200127225226.jpg
※2本目交換時、最大個体。

19年47番(17-1×18-7早期)
♂9頭 Max.37.1g Avg.31.7g
20200103_0223_20915_convert_20200127225255.jpg

19年48番(17-5×17-9)
♂11頭 Max.35.0g Avg.28.7g

19年49番(17-9×17-16)
♂1頭 Max.27.7g Avg.27.7g

19年50番(17-7×17-5)
♂4頭 Max.33.9g Avg.30.0g

19年53番(skip氏17-15×17-8)
♂5頭 Max.35.6g Avg.31.0g

ざっとご紹介させていただきましたが、35gUP比率は昨年を上回っておりますが、40gUPは昨年と同数の6頭でした。
19年から本格的に始めたマツノ系ラインは、羽化して個体を見るまで安心は出来ませんが、今のところ好感触です。
今年は、低い温度帯での飼育でしたがそれでもしっかり体重の乗ってくれた所に血の強さを感じました。
自前の17-1と8を使用したラインは全体的に体重を乗せることが出来ませんでした。21年度シーズンの課題が増えました。
しかし両親の様にひょろっと伸びた形状で羽化してくれれば体長は稼げると思いますので、どんな個体が羽化してくれるか楽しみにしております。

本日は以上になります。
読んでくださりありがとうございました。
スポンサーサイト



18年度祖父江産羽化報告

ご無沙汰しております。
12月ですね。
11月のブログ更新は3年連続0回だったJohnny the 30です。
バタバタした日々が続いておりますが、3本目への交換は順調に進んでおります。
今年は例年より早く羽化させる予定で動いておりますので、今週末には、投入が遅れた補強個体以外の交換は完了させる予定です。
毎年苦手としていた2本目でしたが、今年は管理を変更した甲斐が有り、良い状態をキープ出来ましたので、交換していて楽しいです。
その分、1本目でもう少し攻められたと後悔もしております。
同じ部屋でオオヒラタケとカンタケを使用して結果を出されている方は本当に凄い。
今年は少しカンタケに寄せ過ぎました。
幼虫が一番食いたい時に、一番良い状態の餌を食わせられれば良いのですが、わかっていても難しいですね。

3本目の交換経過を載せたいところですが、2本目の交換結果も昨年の羽化個体紹介すら終えていませんので、少しずつ更新させていただきます。


そこで、本日のブログの本題。
18年祖父江産羽化報告になります。

YGと共に2年に1度のペースでブリード予定の祖父江産初年度。
親越えの83mmを目標に3ライン飼育しておりましたが、35gupも複数出て、余裕かましていたら、不全にセミ連発で完品では80mmすら越えられず散々な結果となってしまいました。
不全個体を載せるのは、悩みましたが、これも飼育の記録ですので報告させていただきます。
18SO1.jpg
20191209_0403_30296_convert_20191211025234.jpg
20191209_0403_10348_convert_20191211025205.jpg
18SO1-7
5/26 E24800
9/5 31.0g E241400
12/16 34.4g LG1400
6/ 羽化 
84.5mm 羽パカ、羽先ズ、尻出 ※羽先長い方で計測


18SO2.jpg
20191209_0407_37797_convert_20191211025250.jpg
20191209_0408_03840_convert_20191211025221.jpg
18SO2-4
5/30 GSP800
9/27 30.0g E241400
12/23 27.0g LG1400
6/ 羽化
83mm 羽パカ

来年度は、完品で同じ位のサイズを狙っていきたいのですが、簡単にはいかなそうです。


最後に、11月にNIGHT FORESTに参加させていただきました。
同じ趣味を持った方々とお話が出来るのはやはり良いですね。
本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。
皆さんのお話を聞けて、とても刺激になりました。
全ての方とお話することは出来ませんでしたが、お話させていただいた方、お声掛けいただいた方、本当にありがとうございました。

本日も読んでいただきありがとうございました。

18年久留米産羽化報告②

こんばんは。
1番好きな昆虫はカマキリです。
国産種では、ウスバカマキリが好きで長く累代をしていたのですが、途絶えてしまいまして、現在はマレーシア産のメダマカレハカマキリのみを累代しております。
現在7,8ライン抱えて血が濃くならないよう調整しているのですが、普通種でワイルドも入ってきますし、飼育も超簡単ですので、そんなに抱える必要無いのではないかと思ってきました。
しかし、クワガタとカマキリに囲まれた飼育部屋を持てるなんで、子供時代のわたくしJohnnyからしたら、憧れであり夢でしたので、それが叶えられていることを喜び噛みしめ飼育に励んでいきたいと思ったJohnny the 30です。
いつまでこの趣味を続けられるかわかりませんので。
その時が来るまで全力疾走です。


本日は、久留米産18年4番5番6番の羽化報告をさせていただきます。
3ライン共、メルリンさんの♂と自ブリK15Aの早期からなる16年Cラインの個体を♂に使用しております。

18ku4.jpg
20191021_0603_34994_convert_20191026014401.jpg
20191021_0539_11701_convert_20191026014422.jpg
18KU4-7
6/10 GSP1400
9/2 28.5g LG1400
12/12 40.3g LG1400
3/18 38.0g RS-G1400
6/ 羽化
85.0mm

自ブリ同士の組み合わせで唯一、40gを越えてくれた個体でした。
3本目で暴れてしまいましたが、なんとか85mmはクリアしてくれました。
体重が乗っていただけあってがっちりと羽化してくれたのですが、少々下半身が大きくなりすぎてしまいました。

18ku5.jpg
20191021_0548_43612_convert_20191026014336.jpg
20191021_0548_17830_convert_20191026014444.jpg
18KU5-5
6/9 E24 800
9/16 29.2g LG1500
12/23 30.4g RS-G1400
6/ 羽化
84.5mm

こちらは東京オオクワさんから購入した♀を使用したラインになります。
同ラインには35gアップの個体もいたのですが、そちらは82mmほどでした。
この個体は体重が乗らなかったのですが、綺麗に羽化してくれたので満足です。

18ku6.jpg
20191028_0340_08746_convert_20191101144443.jpg
6番は、81mmが2頭羽化したのが最大でした。
もう手元には残っておりませんので、写真はありません。
※11/9追記
知人宅に旅立った6番の個体を撮影する機会がりましたので、画像を追加いたしました。

本日も読んでいただきありがとうございました。

18年能勢産羽化報告

こんばんは。
最近、友人の結婚披露宴にて初めて友人代表スピーチという大役をやり遂げました。
絶対人選ミスだろ?と思っておりましたが、新郎新婦や友人にまだ足りないと飲まされ
自分でも緊張と戦うため浴びるように飲み、お酒の力を大いに借りて、やり遂げました。
あまりに酔ってしまったので記憶は曖昧ですけどね!シラフでするより良いスピーチが出来たと自画自賛のJohnny the 30です。
良い結婚式でした。お幸せに!!


本日は、能勢YG血統の羽化報告になります。
年々飼育数が少なくなり、とうとう2年に1度のブリードになってしまい、
18年も3ライン28頭の飼育だった能勢産ですが、今年は数年ぶりに85mmが羽化してくれました。
18YG2.jpg
20190923_2257_56427_convert_20191025020551.jpg
20190923_2255_03165_convert_20191025020609.jpg
18YG2-14
7/7  CS800
10/4 25.8g 555+TK1400
12/23 30.0g RS-G1400
5/ 羽化
85mm

投入が遅れてしまったグループでしたので、菌糸もバラバラですし、体重も乗っていませんが、
85mmになんとか届いてくれました。
ちなみに、投入が遅れなかったグループは3月に報告した通り♂♀共に早々
に羽化を終えております。
1、3番のラインは♀のみの羽化でした。

今や90mmアップも多数出ており、飼育レコードも更新された能勢産で、85mmは大きく無いサイズかもしれませんが
久しぶりの自己ギネスタイ!気に入っております。
今後も隔年ごとで細々とですが、能勢産の飼育を続けていこうと思える個体の羽化のご紹介でした。

本日も読んでいただきありがとうございました。

18年久留米産羽化報告①

おはようございます。
台風が過ぎ急に涼しい秋らしい日が続きますね。
昨日はプロ野球ドラフト会議でした。
私も少年野球で白球を追いかけた野球小僧でしたので、プロ野球選手は憧れの存在でした。Johnny the 30です。

本日は久留米産18年度の羽化報告をさせていただきます。
各ラインの最大個体の♂を飼育経過とともに載せていく予定です。
飼育経過、結果をブログに残す為、特大個体はおりませんが、お付き合いいただければと思います。
今回は久留米の1番と3番になります。※18年2番は欠番
共にメルリンさんからの累代個体16A6を♂親にしたラインになります。
18ku1.jpg
20191014_0106_56716_convert_20191018075038.jpg
18KU1-17
6/13 555+T800
9/16  28.4g 555+TK1400
12/23 32.6g RS-G1400
8/ 羽化 
83mm

18年1番は、3本目で35gupの個体も複数出ており大いに期待していたのですが、
前蛹や蛹で落ち、不全多数、セミ多数と13頭いた♂の中2頭しか無事羽化させられませんでした。この個体も8月羽化ですので、狙ったところでの羽化ではないですね。

18ku3.jpg
20191014_0120_36043_convert_20191018075055.jpg
20191014_0423_20524_convert_20191018075120.jpg
18KU3-12
6/2 GSP800
9/2 28.7g LG1400
12/20 33.2g LG1400
6/ 羽化
85mm

18年3番。この個体は尻も汚いですし、顎の嚙み合わせも悪いのですが、なんとか85mmを越えてくれた個体になります。


本日も読んでいただきありがとうございました。