FC2ブログ

クワガタの話がしたいです!

飼育部屋が揺れています。

おはようございます。

令和を迎えるちょっと前にJohnny the 32になりました、Johnny the 30です。

また、ブログの更新をサボってしまっておりました。

見に来ていただいていた方々、申し訳ございません。


前回、前々回と相変わらず個体の魅力を引き出せてない撮影技術で撮影しました♂親とラインを紹介させていただきましたが、現在絶賛産卵セット中であります。

今年は、ライン数も多いので、既に100頭ほど卵での回収をしております。
本当は初令での割り出しが好きなのですが、1本目の投入時期を合わせる為、仕方がありません。
6月1.2日の土日までには、再セット組を除いたセットの回収を終わらせる予定です。

例年通り、空砲やダメ卵を連発しているラインも出ておりますので、欠番のラインも多くなりそうです。
相変わらずの産卵下手です。
そのようなラインは、早々に再ペアリング再セットをしておりますが、これでダメなら諦めます。
KLBへの参戦予定だった、42番がダメでしたのが非常に残念です。
予備で同じ組み合わせをした45番は取れていますので、そちらで参加するか、他にするかまだ悩んでおります。


18年個体は、現在前蛹か蛹が大部分を占めております。
35gくらいまでは、すんなり蛹室を作ってくれたのですが、それ以上の個体は微妙ですね…。


話し変わりまして、飼育部屋と隣接している建物が取り壊され、新たにマンションが建つそうです。
現在、重機が入り建物をぶっ壊している最中なのですが、日中の解体作業中は、ひたすら部屋が揺れておりました。
これから更にマンションが建つということは、どれくらいの期間揺れ続けるんですかね?
以前、Twitterかブログか忘れてしまいましたが、同じような境遇のブリーダーさんがいたことを記憶しております。
虫たちに影響が無いことは無いと思いますので、早く終わってほしいです。


最後に、リンクもさせていただいている、かっつさんのプレゼントに協賛させていただきましたので、その個体について紹介させていただきます。
かっつさんプレ企画
成虫の方は、昨年2ラインとったうちのインラインの2ペアとなります。
3.4月の羽化個体で。まだ掘り出せていませんので、正確なサイズなどは不明です。
ハチジョウノコは、高栄養の餌で羽化させると結構な割合で、尻が出てしまうのですが、30頭以上いますので、出来るだけ綺麗な個体を掘り出して送らせていただきます。

幼虫は、成虫とは別ラインをビートロンさんと自室で計3セット組んでおり、全てで幼虫を確認済みです。

ハチジョウノコギリ、私の個体は大きくないですが、かっこいい種類ですので興味のある方は応募してやってください。

私なんかより凄い協賛品が沢山の豪華なプレ企画ですので、チェックがまだの方は、是非参加してみてください!

私も昨年初めて応募、当選させていただき、交流を深めることができました。

そんな感じの近況報告でした。
読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

19年度ブリードライン紹介 31番から53番

20190405_1410_08890_convert_20190406234352.jpg
19k31-32.jpg
19k33-34.jpg
19k35.jpg
20190405_1410_34929_convert_20190406234437.jpg
19k36-372.jpg
19k38.jpg
20190405_1410_57318_convert_20190406234456.jpg
19k39-40.jpg
20190407_0002_55457_convert_20190407003730.jpg
19k41.jpg
20190405_1411_49402_convert_20190406234519.jpg
19k42-43.jpg
19k44.jpg
20190405_1412_11272_convert_20190406234547.jpg
19k45-46.jpg
19k47.jpg
K17-5-1
19k48.jpg
20180803113327887_convert_20180803204448.jpg
19k49.jpg
20180803113523798_convert_20180803204506.jpg
19k50.jpg
20180802204312660_convert_20180803204403.jpg
19k51.jpg
20190405_1412_27210_convert_20190406234602.jpg
19k52.jpg
skip氏17SK15
19k53.jpg

19年度ブリードライン紹介 1番から25番

20190328_0919_20273_convert_20190402170414.jpg
19k1-2.jpg
19k3-4.jpg
19k5-6.jpg
20190328_0919_52129_convert_20190402170433.jpg
19k7-8.jpg
19k9-10.jpg
20190328_0923_52047_convert_20190402170502.jpg
19k11-12.jpg
19k13-14.jpg
19k15-16.jpg
20190328_0926_23946_convert_20190402170541.jpg
19k17-18.jpg
20190328_0926_10007_convert_20190402170520.jpg
19k19-20.jpg
19k21-22.jpg
19k23.jpg
20190328_0927_39943_convert_20190402170604.jpg
19k24-25.jpg

カブトムシ近況

こんばんは。
本日は、我が家のカブトムシについて近況を書かせていただきます。

前回の記事(18年7月)に紹介したアトラス・グラントシロ・ヘラクレスの3種。

3種とも1ペアずつ、ペアリングしてセットしたのですが、見事に全てボウズでした…

卵の確認までは出来たのですが、幼虫で割り出そうとそのまま数か月放置したのが悪かったのか、マットが適当過ぎたのか、温度が足りなかったのか、前回爆産させた時と同じ感じでセットを組んだつもりでしたが、失敗してしまいました。

アトラスは、1ペア遅れて羽化した個体が最近いたので、その個体で再セットしようと掘り出したところ、♀のつもりで飼育していた個体が極小♂でした。
20190322_0131_56827_convert_20190329235705.jpg
よって、スマトラアトラスの飼育は終了となります。
普通種ですが、角の伸びたイケメン個体を羽化させられたので、もう1サイクルやりたかっかったのですが、残念です。
機会がありましたらまたやってみようと思います。

グラントシロも幼虫が数頭のこっておりますので、上手くペアになってくれたら産ませる予定です。全部♂のような気もしますが…

ヘラクレスは前回、♀と♀と思っていたら95mmくらいの♂で羽化してしまった個体を紹介しましたが、その後順調に♂の羽化が続いております。
20190322_0131_37723_convert_20190329235640.jpg
とはいっても、今や170mmや180mmと凄まじい個体の羽化している中、120mmほどと大きくないのですが、しっかりヘラクレスしておりますので、気に入っております。
幼虫、成虫共に沢山食べて手間は掛かるのですが、幼き頃からの憧れの虫が飼育できているのは幸せです。
もう一回り大きな幼虫もいたのですが、見事にツノ曲がりになってしまいました。
20190322_0132_27536_convert_20190329235728.jpg
前蛹で掘り出して様子を見ていたのですが、蛹室の大きさも申し分なかった為、自前の蛹室で蛹化させたのですが、蛹室の上半分側で蛹化してしまいこの有様です。
蛹化の時期にもう少し気に掛けてあげればよかったです。反省ですね。

ヘラクレスは、昨年のクワタでツノ曲がりですが、別血統の♂を入手しており、最近我が家産の♀とペアリングさせましたので、こちらはなんとしても産卵を成功させたいです。
20190322_0132_41451_convert_20190329235746.jpg

以上。
我が家のカブトムシ近況でした。


桜が咲きだしプロ野球が始まりましたね!
毎年、この時期からオオクワガタのペアリングを開始しております。
今年も、3/27からライン数の多い個体から同居を開始させました。
もちろん♀殺しが怖いので、顎は今年も固定いたしました。

準備が出来次第今期の組み合わせを紹介したいと思いますので、お暇なときにでも見て頂ければと思います。

本日も読んでいただきありがとうございました。

早期羽化♂紹介

こんばんは!Johnny the 30です。

3月になりましたね。
2月はバタバタしておりましたが、ひと段落しました。
年度末ですので、仕事の方はまだ忙しいのですが、月末からペアリングも控えておりますので、出来る準備はこの時期に終わらせないと大変ですからね。
暇を見つけては、ラベルや管理表の作成、用品の準備などを進めております。
親虫の起き具合も上々ですので、しっかり産んでくれることを願っております。


本日の話題は前回ブログで報告をしました、早期羽化♂を紹介しようと思います。
YGに関しては、17年の結果も18年の経過も思わしくなかった為、約1年ぶり
の登場になります。
20190308_1329_29620_convert_20190319185702.jpg
18YG2_convert_20190319185835.jpg
共に18年度YGの2番ラインになります。
18年度は3ラインやりましたが、この2番ラインだけ早々と羽化してしまいました。※♀は8割ほど羽化してしまっております…
画像上の個体は、最終体重30g、下の個体は25gで2本返しでの勝手に羽化した個体です。
今年は、YGは取りませんので、昨年羽化した個体達と共に観賞用として飼育したいと思います。
両個体とも80mmちょっとのサイズで小さいですが、YGらしい個体で気に入っております。


続いては祖父江産の紹介です。
20190308_1330_04043_convert_20190319185740.jpg
18SO1_convert_20190319185756.jpg
祖父江産この1頭だけ2本目で羽化してしまいました。
18年1番でインラインの個体になります。
最終体重28gからの77mmくらいでした。
羽ボコしてしまっておりますが、久留米やYGとは違った形状の顎をしており面白いです。
こちらも産卵させる予定はありませんので、鑑賞用ですね。


他の幼虫達は、昇温も開始しており、これから羽化に向け最終ステージに入っていきます。

ここからすんなりとはいかないと思いますが、少しでも多くの個体を完品羽化させられればと思っております。

本日も読んでくださりありがとうございました。

FC2Ad