Latest Entries

ミドリノクワガタ

こんにちは
9月の3連休、半分は休日出勤で働いていましたJohnny the 30です。
17日のブラックアウトも行くつもりで予定を空けていたのですが
2本目の交換が朝方まで終わらなかった為、今回は断念しました。
雨も凄かったですしね。

さて、今回の話題はニジイロクワガタの羽化報告です。
前回の報告では、赤系小サイズの♂や♀の掘り出しを報告いたしましたが、今回はもう少し立派な顎の個体の紹介です。

赤系は結構な数がいるのですが、少ない緑系で綺麗な個体が羽化していたので紹介します。
_20170918_191920_convert_20170919114548.jpg
♂50台前半(17年1月割り出し菌糸プリンカップ、4月800cc菌糸ビン投入、9月羽化)
_20170919_112905_convert_20170919114648.jpg

サイズもたいして大きく無いですが、顎が伸びてくると立派に見えます。
足に少し赤が出てしまっていますが、胴体は表も裏も綺麗な緑になってくれました。

太陽光の下で撮影したので、反射しておりますが、実物はもう少し緑色に見えます。

うちには黒いクワガタばかりなので、簡単に増え、育ち、♀殺しも無く、寿命も長く、綺麗なニジイロはお勧めのクワガタです。

ただ、幼虫時代の大暴れと、ビンの蓋や側面を噛みまくるカリカリ音だけは悩まされますけどね。

先行交換

こんばんは!
Johnny the 30です。

月の頭にブロックが届き、少しでも時間が出来れば詰めて詰めて更に詰め続けて8割ほど詰め終わりました。
今週末には、交換をはじめて行こうと思います。

この時期は、皆さん交換を始められてる時期ですので、ブログを拝見させていていると特大個体をバンバン出されていて…


…我慢できずに数頭だけ交換いたしました。笑



6月4日投入群で、投入から97日で交換です。

_20170911_180317_convert_20170914180008.jpg
8番
フン抜きで33g

_20170911_180212_convert_20170914180056.jpg
15番
30g

♂はあと15番で27g1頭と4番で25g1頭でした。

残りは暴れてしまっていたり、暴れかけてる♀の交換を数頭し、結果11~16gでした。

特大サイズではないですが、幸先いいスタートが切れました。

目標の久留米で85mmに向け、管理が大変な2本目、3本目が控えてます。
これからが大切なので上手くいってほしいです。

1本目は20台後半で良いので、2本目で35g位を量産出来るのが理想です。

週末の本格的交換が楽しみです。

早朝更新

おはようございます。
Johnny the 30です。

本日は、オオクワガタ飼育についての個人的な考えや意気込みなどをダラダラ書いていく、自分への備忘録的なものです。
間違った認識をしていることもあると思いますので、初心者の戯言だと思って聞き流してください。

まず、年間羽化数が50~200だった例年に比べ本年度から増やした訳ですが、第一に引っ越しを機に飼育環境が増えたということです。
コメント欄では話しましたが、窓もあり両爬虫類や他の昆虫とも同じ環境で飼育している為、トップブリーダー様たちの様に、光や音、温湿度についても完璧な環境ではありません。
しかし今までが生活スペースの一角を飼育場所と使用していたこともあり、大幅に飼育数を増やすことが可能になりました。
専用の飼育部屋ともなりますとモチベーションも上がりますしね。
自己ベストのサイズを羽化させたいという目標のもと飼育している次第です。

17年度のブリードに関しましては、久留米はアウトラインでの交配が中心です。
本格的に飼育を開始するにあたり、とりあえず色々なパターンでサンプルを取りたいのが要因です。
大きい個体同士を掛け合わせたところで、良い結果に繋がるとは限らないのが面白いところですよね。
血統背景や個体の相性が大いに影響してくると考えておりますので、今年は宝くじ気分で飼育しております。
ただ今年も背景的には素晴らしい個体が揃ってますので、結果が出なかった場合は、自分の腕の足りなさということなんですよね。センスの無さと言うべきか・・・頑張ります。

来年に関しましては、16年度の羽化血統が自ブリ2ラインと幼虫購入で2ラインしかいない為、大幅な補強をさせていただきました。
もう手元にいる個体や、これから送って頂く個体の掛け合わせを考えわくわくしているのですが、やはり問題は組み合わせなんですよね。
結果ついてこなかった場合も勉強と思い、色々試していきたいですね。
※補強させていただいた個体につきましては後日記事にしたいと思います。

早期の個体も増やし、インラインや戻し交配も視野に入れたりと考えているだけで時間が過ぎていきます。

こういう時間も楽しいのですけどね。


Twitterの方では紹介したのですが、先日到着到着したブロックの詰め作業をしております。

例年の飼育数でしたら、プレス機無しでもなんとかなったのですが、今年は飼育数が多いので大変です。
1本目の詰め作業は、クワガタに興味が無い友人に頼んで手伝ってもらいましたが、今回は一人で進めております。
現在、20数ブロック詰め終わりました。
年末の3本目の詰替えは、うな重と引き換えに友人に手伝ってもらいます。

手のひらがマメだらけ。プレス機導入を真剣に考えなければいけないかもです。

アトラスも羽化

連続で投稿です。

スマトラアトラスオオカブト WF1
先ほど紹介した、ニジイロと共に昆虫教室で大活躍してくれるアトラスオオカブト。
昨年、簡易的なセットで爆産してしまったので、使用済みマットや菌糸カス、材カスで飼育しておりました。

個別飼育しているのは、まだ幼虫ですが集団飼育しているケースに♀が見えましたので掘り出しました。

_20170901_153420_convert_20170901180000.jpg

_20170901_153457_convert_20170901180026.jpg


♂は蛹でした。

普通種中の普通種ですが、初飼育で羽化となると嬉しいものですね。

ニジイロ羽化

お久しぶりです。
Johnny the 30です。

あっという間に9月になってしまいました。
夏は雨が多く、採集も行けずに終わってしまいました。

最近の虫ネタといえば、場所確保の為、ニジイロの掘り出しをしていました。
赤色の血統と緑の血統の2血統飼育しています。
1本目だけ菌糸に入れた個体もいますが、ほとんどがマットのみで飼育しました。
まだ蛹か幼虫もいますが、小型の♂と♀は羽化している個体がいたので掘り出しました。

_20170813_235727_convert_20170901175635.jpg

親は♂♀共に赤色の血統で凄く綺麗でしたが、今回羽化した個体たちは、the普通のニジイロという個体が多く残念です。
画像にも写っていますが、たまに出てくる黒い個体は何なんですかね。

_20170901_153537_convert_20170901175743.jpg

こちらが親です。ふ節は取れてますがまだまだ元気にしております。
今蛹や幼虫の個体もサイズ的には60mm前後が限界な感じです。

もう少し涼しくなってきたら親として使用するもの以外はオークションに出してみようと思います。